AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

噛み噛みトレーニング
こんにちは、スタッフの松本です!

「よく噛んで食べましょう!」
誰もが言われたことのある言葉だと思います。
では、よく噛んで食べるとどのようないいことがあるのでしょうか?

肥満防止、ガン予防、脳の発達、歯の病気予防などに効果があります。
噛む力が弱いとむし歯や歯周病の原因につながりますし、
あごの関節が未発達だと顎関節症の原因にもなります。


噛む回数を増やすのは簡単なことなのです(^o^)!!
料理の調理方法によって噛む回数は自然と増えてきます。
例えば、ロールキャベツを噛む回数は15回、それと比べて生の千切りキャベツなら80回。
水気が多いものと比較すると干物のような唾液が出ないと飲みにくい食材は自然と回数が増えます。

工夫次第で噛み噛みトレーニングは継続できます!
ご家族みなさん揃って挑戦してみてください(^^♪

キャンセル、予約変更について
しまだ歯科こども歯科クリニック 受付・歯科助手:まつもと
タグ:
歯科治療をする手。
こんにちは、院長です。

GW、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
ちょっと遊び疲れたようなお子さん達から、色々な話を聞くのが楽しかった先週の診療でした。

僕はほぼ毎日、自転車に乗っておりました。
家族で出かける時も、独り自転車で現地集合・現地解散。
最終日は患者さんにおススメしてもらった、糸魚川の能生にある「あさひ楼」というラーメン屋さんまで。

DSC_1794.jpg

汗かいた後のラーメンは、失われたミネラル分を補給する最高のご馳走です。
おそらく通常より5割増しの美味しさなので、正確なインプレはできません…。
同条件で行かれるようでしたら、最強においしいです。空腹の僕にも多すぎる、盛りの良さでした。

DSC_1792.jpg


研修医を終えて大学から出て、10年が経ちます。
良く言われるのが、一番最初に勤務した医院はその後の歯科人生に大きく影響するということ。
僕もその院長を尊敬してますし、診療スタイルは大きく影響されています。

そこで一番最初に指導を受けたのは、「とにかく患者さんには優しく触れろ」 ということでした。
表現はいやらしい感じですが、女性はみんな優しく扱われたいんだ、と教えられたのを鮮明に覚えています。
同じように器具を取る手の動作も優しく、と教えられました。

歯科医の多くは男性であり、狭い口の中に大きな手を突っ込まれて、グリグリ治療されるのはやはり不快。
その点、女性歯科医は手も細いし、何よりその手つきがしなやかでやさしいのです。

そんなわけで指導を受けてから10年、診療する手つき・動作は女性でありたいと思い、ずっと意識してきました。

焦ると道具の扱いも乱雑になったりするので、落着かせる為に一旦診療器具の整理をしてみたり…。

千利休が茶の湯の作法について書いた利休百首の一つに
「何にても道具扱ふたびごとに 取る手は軽く置く手重かれ」
というのがありますが、道具の取り扱いについては常にこれを意識しています。


で、先日。
ある患者さんから、「先生の手つきは女の人みたいですね。」 と。ものすごく嬉しかったです。
10年経ってようやく患者さんにも分かってもらえるくらいになってきたかな?


そんな僕の腕はGWの自転車乗りで、あり得ないくらい真っ黒に日焼けをし、これから脱皮をしていくでしょう。
見た目は最強に汚らしいですが、なんとか頑張りますのでよろしくお願いします…。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ

タグ:
舌はどこにある?
こんにちは、スタッフの番馬です。

前回、みなさんにお聞きしました。
「舌は今どんな位置にありますか?」

舌にも正しい位置があります。

舌はかなりのボリュームがあるにもかかわらず、普段はグッと持ち上がって、上あごにの天井に張り付いています。
舌を引き上げておくことで歯の邪魔をしないようにしています。

みなさんはこうしている今も、この位置にありますか?

この位置にないと、実は歯並びに悪い影響が出てきてしまうのです。

どんな影響が出るのか、次回へ


しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば
タグ:
舌は筋肉のかたまり
こんにちは、スタッフの番馬です。

舌の動きについて意識したことはありますか?ほとんどの方はないのではないでしょうか。
そんな舌の不思議な動きについてお話していきます。

舌は私たちの身体の中で一番、器用に動く器官です。
口の中でもっとも大きくどっしりとボリュームのある舌ですが、その中には縦、横、斜めに筋肉の線維がぎっしりと走っています。
このさまざまな方向に走る筋肉が発達しているおかげで、舌は驚くほど繊細に動いて仕事をしてくれてるのです!

食べ物を唾液と混ぜて効率よく歯の上に運んだり、
食べ物を喉の方へと送って飲み込んだり、
おしゃべりをする時は舌の形で音を変化させたりして働いています。

さて、あなたの舌は今どんな位置にありますか?
次回お話していきます(^^)


しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば


タグ:
片噛み
こんにちは、スタッフの松本です!
だいぶお久しぶりの登場になってしまいました。すみませんm(__)m

今回は普段私も気を付けている片噛みについてです。
食事をされる際、皆さんは片方の歯ばかりを使っていることはありませんか?

はい、私はあります。(笑)
意識しないとすぐにいつもと同じように噛んでしまいます。

このような癖が一番つきやすい時期が臼歯の生え変わりの時期なんです。
食べにくい、噛みにくいが癖になってしまうことが多いです。

両側を使って生活できるようにトレーニングしてあげるといいですね!
ガム(キシリトールのガム!)を右と左に一個ずつ同時に噛んで癖をつけましょう!
1日30分トレーニングしてみましょう!


適度な運動は健康のためにも必要なことですが、運動後のケアをしっかりしてあげないと自律神経のバランスを崩す原因もなります。

運動後は十分な骨休めをして、体に疲れを残さないように気を付けることが大切です。


しまだ歯科こども歯科クリニック 受付・歯科助手:まつもと
タグ: