AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

楽しく歯医者さんにいこう!
こんにちは!スタッフの松枝です

梅雨も明け天気のいい日が続いて、
気分まで晴れ晴れ☀️しますね!

夏休みに入って楽しいことが多いみなさん!
夏を思いっきり楽しんでますか?☺️☀️



今回は歯医者さん嫌いなお子さんに、
楽しく通院していただくために
『待合室で泣いてしまうのを予防する方法』を
紹介します!!!

待合室での会話や発言を、
意外にお子さんは敏感に聞いています。

子供の前で控えてほしい言葉は

麻酔注射が痛かった、
歯の治療は嫌だ、
歯を削られた、などマイナスの発言です。

このような言葉を聞いてしまうと、
これから何をされるのかと不安になってしまいます!

また、子供に対して

○甘いお菓子ばかり食べていたら歯を削ってもらいますよ!👿

○歯を磨かないと歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!👿

○お菓子ばかり食べていたら注射されますよ!👿

などと脅してしまうようなことを言うのも
あまりお勧めできません。


ぜひプラスの言葉で✨✨✨

☆悪い虫さんをやっつけてもらおう!✨

☆歯を綺麗にしてもらおうね!✨

☆白い歯にしてもらおうね!✨

などと盛り上げてあげてください!

そして上手にできたら、

☆上手にできて、びっくりしちゃった!

☆白い歯でかっこいいね!
さすが○○ちゃん!!!

などと大げさなくらいに、褒めてあげてください😊


ぜひご来院されるときの参考にしてみてください👍🏻♪



しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:まつえ

タグ:
2016年
こんにちは。スタッフの高藤です。



新年のご挨拶が遅くなってしまい、申し訳ありません。


あけましておめでとうございます!!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。



今日はフッ素洗口(フッ素うがい)についてお話しします。



歯を強くする、むし歯予防として知られているフッ素。
実は、一番むし歯予防効果が高いのは、フッ素配合歯磨剤(歯磨き剤)でも、歯科医院でのフッ素塗布でもなく「フッ素洗口」なんです!!!


フッ素洗口はごく一部幼稚園や小学校で行われています。

もちろん、歯科医院で取り扱いのフッ素洗口剤もありますので、ぜひみなさんも活用してみてください!!





しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:たかふじ

タグ:
3年目☆
こんにちは、スタッフの松本です!

先週末は3年目の新潟マラソンに出場してきました!
もう3回もでてるのか~。
今年は当日寝坊してしまいフルのスタート時には
歩いて陸上競技場に向かっている途中でした(笑)

10キロ出走にはなんとか間に合い、
今年も無事に10キロ完走しました☆

来年はどうしようかな~~と。



しまだ歯科こども歯科クリニックは6歳のお誕生日を迎えます!!
これからもよろしくお願いいたします。
キャンセル、予約変更について
しまだ歯科こども歯科クリニック 受付・歯科助手:まつもと
タグ:
歯科保健指導


こんにちは。スタッフの高藤です。



25日金曜日に上山小学校で3年生と5年生に歯科保健指導を行ってきました。



3年生では、まず自分のお口を鏡で観察しながら歯の絵を書いてもらいました!!


みんなそれぞれ個性のある立派な歯の絵を
書いてくれました!!



次にむし歯についてお話させていただきました。


「虫歯になる原因は何?」と問いかけると、
「お菓子!!ジュース!!」といった返事が返ってきました。


やはり、甘い食べ物で虫歯になるという考えが多いですね。




その後、虫歯の原因であるプラーク(歯垢)が付いていないか、カラーテスターを使って染め出しをして、赤くなったところを自分の書いた歯の絵に塗ってもらいました。



赤くなったところ=虫歯になりやすいところを確認したあと、
歯磨き指導をさせていただきました。


みんな真剣な表情で一生懸命時間をかけながら歯磨きしてくれました。

勉強したことを忘れず、お家でも同じように歯磨きしてくれてるといいですね。



初めての経験だったので、思い通りには出来ないことも多々ありましたが、子供達の明るさに助けられました。。。


歯科保健指導をすると同時に、私自身もたくさん勉強させていただきました!!
ありがとうございました。




しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:たかふじ








タグ:
乳歯の虫歯

こんにちは!!スタッフの高藤です。



今日は乳歯の虫歯についてお話します。



乳歯というものはいずれ抜けてしまいます。虫歯になっても痛みがないようなら、ほうっておいても大丈夫なのではないかと思っているお母さんがいるかもしれません。



じつは乳歯の虫歯は永久歯にも影響があるのです。



乳歯の虫歯をそのまにしておくと、口の中で虫歯菌は増え続けてしまいます。



なので乳歯が抜けたとしても永久歯は虫歯菌の多い汚れた環境に生えてくることになってしまいます。

もちろん、ひどい虫歯で乳歯がうんでしまって抜けると、そのあとに弱い永久歯が生えてしまうことに…。


弱い歯というのは、糖分に弱いだけではなく、虫歯予防の働きを持つだ液がストレスなどによって減少した場合に、いち早くダメージを受けてしまいます。




もうひとつ、忘れてはならないのは歯並びへの影響です。
乳歯が虫歯になると、まだ永久歯の準備ができていない早い段階で歯が抜けてしまったり、または抜かなければいけない状況になることもあるでしょう。


そうすると長期間永久歯が生えるスペースが空いていることになるので、両隣の歯が自然と寄ってきてしまい、スペースが狭くなり、そこに生えてくる永久歯は曲がったり重なった形で生えるケースも珍しくありません。

その場合、きれいな歯並びに戻すには矯正などの治療が必要になってしまうことも。



良い環境で永久歯を迎えるためにも、乳歯の時から予防と治療をしっかりすることが大切ですね!!!




しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:たかふじ





タグ: