AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

永久歯がない!?
こんにちは、院長です。
雨続きですっきりしませんね。釣りにも行けず…。

しまだ歯科こども歯科クリニックでは6歳前後のお子さんは、可能な限り、パノラマと呼ばれる
お口の中全体を観察することができる、大きなレントゲンを撮らせて頂いております。

当院のレントゲン撮影は、CCDセンサーを用いたデジタルレントゲンですので、従来のフィルム式に比べ
飛躍的に少ない被曝量で、しかも鮮明に撮影することができます。
(当院使用の朝日レントゲンは非常に鮮明な写真が撮れます。ちょっと高かったけど…

6歳前後になると、6ちゃん(6歳臼歯、第一大臼歯)や前歯が萌え換わり始め、いよいよ永久歯への交換が始まります。
この時期になると、乳歯の下に控えている永久歯も出来始めており、今後の萌え換わりを推測する意味でも
パノラマレントゲンは非常に重要な診断材料の一つです。

以前より、このパノラマを観察することで気になっていたことが、
“割と、永久歯がない子が多いな。” と言う事でした。

永久歯がないと言っても全部ないわけではなく、第2小臼歯(6ちゃんの1つ前で、一番後ろの乳歯の後に萌える)がない
ケースが多く見受けられます。

と、思っておりましたら今年の3月に日本小児歯科学会から30年にわたる調査結果(←クリック)が発表されました。
調査結果によると、約1割の子供に永久歯の先天欠如が見られるということです。
日々の診療と比較しても、概ね妥当な数字だと思います。

・むし歯などで早期に失われた場合、その後の処置はどうするのか?
・大きな乳歯(第2小臼歯は乳歯より小さい)が残ることで、歯並びはどうなるのか?

などなど、後続の永久歯がない乳歯は萌え換わりから、その後の経過も含めて注意する必要があります。

歯科治療は問題が起きてから・大きくなってからの対処は、どんどん大変になることがほとんどです。
定期健診を受けることで、問題が小さいうち、あるいは未病のうちに解決しておきましょう。
その方が、時間もお金もかかりませんよ。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長


タグ:6歳歯の先天欠如デジタルレントゲン新潟市親松鳥屋野女池近江小児歯科

テーマ:歯列矯正 - ジャンル:ヘルス・ダイエット