AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

魚も味がわかる⁉︎
こんにちは、スタッフの番馬です。

先日きのこ園でキノコ狩りをしてきました。
採れたてのきのこは身厚で食感がプリップリッ!いつもスーパーで買っているきのことはあまりの違いでビックリしました!
旬のものはいいですね♪

さて、私たち人間はどうやって甘いや苦いなどの「味」を感じているのでしょうか。
食べ物を口に入れると、「味」を構成する物質が唾液に溶け込み、舌に存在する味蕾(みらい)細胞という所に接触することで初めて「味」を感じることができるのです。

「よく噛む」と唾液がたくさん分泌されるので、しっかり食べ物の味を感じとります。

ちなみに…
水中に住んでいる魚類も人間と同じように、味を感じる味蕾細胞をちゃんと持っているそうです!!

ですが魚類の食べ方は基本的にはそのまま丸飲みで、人間のように歯で食べ物を咀嚼することはありません。サメなど、歯で餌を噛みちぎるものもいますが、それも小さくして飲み込む事が目的です。

味蕾細胞により味の違いは分かるかもしれませんが、人間のように食べ物をよく噛んで味わうということはしていないようです^^;


私たちにとって、おいしく食事をするためには「よく噛んで食べる」ことは間違いなく重要なことです。

噛むことで食べ物の味をしっかりと味わい、食事の時間を楽しむことができます。
いつまでもよく噛める健康な歯を保てるように、毎日の歯磨きをしっかり頑張りましょう^_^


しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば

タグ: