AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新潟県の子供は本当にむし歯が少ないのか!?
こんにちは、院長です。

先日、佐渡オープンウォータースイミングの5000mの部に参戦してきました。
途中目標を見失い、無駄にたくさん泳ぎました…。
沖合1km以上から岸を見た景色はあまりに遠すぎて、「マジか!」の一言でした。

13935177_1060449830712381_8737290197612547455_n.jpg

関屋浜はもうクラゲだらけなので、今年の海練は終わりにしたいと思います。
しばらく掻きむしってるかと思いますが、申し訳ありません。


新潟県の12歳児のむし歯数は全国でも断トツに少ないことをご存じでしょうか?
集団内の一人平均むし歯保有数を「DMFT指数」と言いますが、
全国0.9本に対し、新潟県は0.46本!
H182712yearsoldDMFT.jpg

ただコレ、注意しなければならないのは永久歯に限ってのデータなのです。

僕が学校医を務めている小学校での、保健調査の結果は以下の通り。

永久歯乳歯

乳歯のむし歯の数、結構多いと思われませんか?特に奥歯。
ちなみに、乳歯を含めたむし歯経験者数の割合は、ある学年では75%にも達していたそうです。
4人に3人がどこかしらにむし歯があるということです。

実際には一人で多くのむし歯を持った児童が、平均値を上げている可能性もあるのですが、
乳歯の奥歯の間のむし歯は、僕も毎日のように治療をしています。

奥歯のむし歯はデンタルフロスを使うことで予防は出来るのですが、子供には難しいのでお父さんお母さんの
仕上げに頼るしかありません。
が、なかなかやって頂けないのが現状でして…。僕らも毎回のようにお話ししております。

そして、高校生くらいからDMFT指数はグッとあがるのは今も昔もあまり変わっていないようです。
要は、親御さんの目が届かなくなったり、歯科受診率の低下がその原因ではないかと思われます。

ですので、お口の健康に対するモチベーションを小さいうちから身に付けておくことが、非常に大切なのです

むし歯を作らないようにするのは非常に簡単です。
僕らがお話ししたように、歯ブラシをすればいいだけですから。
ただそれだけです。皆さんに早くそれに気付いて頂けたら嬉しいのですが…。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ: