AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

妊娠中のリスク



こんにちは。スタッフの高藤です。


最近は暖かかくなったり、寒かったり、気温の変化が大きいのでみなさん風邪には気をつけてください!!!




妊娠をすると口の中に様々な変化が見られやすくなり、

・歯茎が腫れやすい
・出血しやすい
・口の中がネバネバする
・歯がしみる etc...


このような症状が出やすくなります。



これらは妊娠による女性ホルモンの変化や、つわりによる食生活・歯磨きなどの生活習慣の変化が原因となっていると考えられます。



女性ホルモンの変化による歯肉の炎症や腫れは、出産後にホルモンが戻ると症状も治まってきます。



しかし、腫れて出血しやすいと歯みがきをするのが怖くなったり、腫れているため汚れを落としにくかったり、つわりで歯みがきがうまくできなかったり、間食に歯磨きが追いつかなかったりすると、プラーク(歯垢)や歯石が原因の歯周病も起こってきます。




妊婦の中等度・重度の歯周炎は
早産(低体重出産)のリスクを高めるというデータもあります。



歯周炎の重症化を防ぐためには、できるだけきちんと歯磨きをすることと、専門的な歯の清掃(クリーニング)や歯石の除去を行いましょう。




妊婦歯科健診などを利用してお口の中をチェックし、安定期のうちにクリーニングを行うことをおすすめします!!!





しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:たかふじ







タグ: