AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

犬の歯周病
こんにちは、スタッフの番馬です。

成人の8割が歯周病にかかっていると、何度もお話してきましたね。

なんと犬も同じように8割が歯周病なのです!

犬を飼っている方は沢山いるのではないでしょうか?
お宅の犬は歯周病にかかっていませんか?

一見キレイに見える歯でも、歯周病は歯の表面・見た目だけでは判断できません。
しかも犬の場合は3歳から発症率が高くなります。

そこで簡単なチェック方法を説明します!

①綿棒で歯の周りをこすって臭いを確認します。魚や卵が腐ったような匂いがする。
②歯の際が赤くなっている。
③歯茎を押して、すぐに色味が戻らない。
これらが当てはまれば歯周病にかかっているといえます。

人間と同様、定期的な歯石取りはもちろん!毎日のブラッシングがかかせません!
一つの歯の歯周ポケットを、くるっと一周するように小さな歯ブラシで磨くことが効果的です。

うちのワンちゃんも3歳になります。まだ歯石はありませんが、もちろん歯磨きは嫌がります(笑)3歳になったら獣医さんに診てもらうつもりです^^;

皆さん自身ももちろんのこと!飼い犬のお口の中も見て下さい!
犬は痛みを我慢します。人間より当然短い命、少しでも長生きしてくれるよう飼い主が毎日のケアをしてあげてください。

今日は犬バカのお話でした^^;

しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば

タグ: