AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

歯科治療をする手。
こんにちは、院長です。

GW、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
ちょっと遊び疲れたようなお子さん達から、色々な話を聞くのが楽しかった先週の診療でした。

僕はほぼ毎日、自転車に乗っておりました。
家族で出かける時も、独り自転車で現地集合・現地解散。
最終日は患者さんにおススメしてもらった、糸魚川の能生にある「あさひ楼」というラーメン屋さんまで。

DSC_1794.jpg

汗かいた後のラーメンは、失われたミネラル分を補給する最高のご馳走です。
おそらく通常より5割増しの美味しさなので、正確なインプレはできません…。
同条件で行かれるようでしたら、最強においしいです。空腹の僕にも多すぎる、盛りの良さでした。

DSC_1792.jpg


研修医を終えて大学から出て、10年が経ちます。
良く言われるのが、一番最初に勤務した医院はその後の歯科人生に大きく影響するということ。
僕もその院長を尊敬してますし、診療スタイルは大きく影響されています。

そこで一番最初に指導を受けたのは、「とにかく患者さんには優しく触れろ」 ということでした。
表現はいやらしい感じですが、女性はみんな優しく扱われたいんだ、と教えられたのを鮮明に覚えています。
同じように器具を取る手の動作も優しく、と教えられました。

歯科医の多くは男性であり、狭い口の中に大きな手を突っ込まれて、グリグリ治療されるのはやはり不快。
その点、女性歯科医は手も細いし、何よりその手つきがしなやかでやさしいのです。

そんなわけで指導を受けてから10年、診療する手つき・動作は女性でありたいと思い、ずっと意識してきました。

焦ると道具の扱いも乱雑になったりするので、落着かせる為に一旦診療器具の整理をしてみたり…。

千利休が茶の湯の作法について書いた利休百首の一つに
「何にても道具扱ふたびごとに 取る手は軽く置く手重かれ」
というのがありますが、道具の取り扱いについては常にこれを意識しています。


で、先日。
ある患者さんから、「先生の手つきは女の人みたいですね。」 と。ものすごく嬉しかったです。
10年経ってようやく患者さんにも分かってもらえるくらいになってきたかな?


そんな僕の腕はGWの自転車乗りで、あり得ないくらい真っ黒に日焼けをし、これから脱皮をしていくでしょう。
見た目は最強に汚らしいですが、なんとか頑張りますのでよろしくお願いします…。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ

タグ: