AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

むし歯になる、本当の原因って? ①
こんにちは、副院長です。

むし歯になる原因って、何だと思いますか?

    「お砂糖たっぷりの甘いお菓子の食べ過ぎ!」
    「私がむし歯になりやすい体質だったから、遺伝するんじゃないかしら?」


両意見とも、なんだか正しそうですよね。
でも実はどちらも大きな勘違いなのです。


お菓子の糖分はむし歯の原因のひとつにはなりますが、それを我慢するだけではむし歯撃退はできません。
ちなみに糖分とはお菓子に使われている砂糖のことだけではありません。
パンやごはんなど、多くの食べ物は口の中で糖質に分解されます。

では、その糖質が歯を溶かしてむし歯になると思ってはいませんか?
いいえ違うのです。
正確には、むし歯菌が糖質を取り込んでそのあとに吐き出す「酸」が歯を溶かしてしまうのです。

むし歯予防の先進国フィンランドでは、1年間に日本人の倍の量のお砂糖を摂っています。
それでもむし歯にならないということは、お砂糖単独の問題ではないということがわかります。



また、むし歯になりやすい遺伝体質というものも医学的にはありません。
親子ですから、骨格が似ていて歯並びの悪さが遺伝するということはあります。
そのために磨きにくい場所が出てきてむし歯になりやすい・・・ でもこれは後天的な問題です。
正しい食生活やお口のケアさえ出来ていれば問題にはならないのです。

フィンランドも、国を挙げてむし歯予防に取り組む前までは、日本よりもむし歯が多い国でした。
しかしながら今では、予防効果が出てむし歯になる子供はほとんどいなくなったのです。



では、一体なにがむし歯をつくるのでしょうか?
答えは次回に。


新潟市中央区大島 親松・鳥屋野・女池・近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 副院長

タグ:新潟市中央区親松鳥屋野女池小児歯科歯科予防歯科むし歯の原因

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット