AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

卑弥呼の歯がいーぜ
こんにちは、スタッフの松本です!

タイトル・・・
突然すみません(笑)

何かというと、卑弥呼が生きていた2000年以上前の弥生時代では
1回の食事で噛む回数が約3990回くらいだったそうです。
それに比べ最近の子どもは約620回と減っており咀嚼の力も低下してきています。

よく噛んで食べることの大切さを説明している言葉が
「卑弥呼の歯がいーぜ」なのです(笑)

ひ…肥満防止
み…味覚の発達
こ…言葉の発音
の…脳の発達
は…歯の病気の予防
が…ガン予防
い…胃腸快調
ぜ…全力投球(エネルギー源)

健康のために栄養バランスの摂れた食事も大切ですが、
よく噛んで顎を使うことも大切だということですね。

「卑弥呼の歯がいーぜ」です。

キャンセル、予約変更について
しまだ歯科こども歯科クリニック 受付・歯科助手:まつもと

タグ: