AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

歯周病について
こんにちは、受付・歯科助手の田中です。

今日は歯周病について説明します!

まずは歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称です。今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、約80%の成人が歯周病であるといわれています。歯周病は、歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットにたまった、歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因となって発症します。

歯周病を発症・進行させる2つのリスク「口腔内の環境」「生活習慣」があります。


まずは、「口腔内環境」から。

☆ 歯石
 歯石には2種類あり、歯ぐきの上にできる歯肉縁上歯石と、エナメル質と歯ぐきの間にできる歯肉縁下歯石があります。歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムやリン酸などが沈着すると歯石になります。また、この歯石にはさらに歯垢(プラーク)がつきやすいため、炎症など症状が悪化するおそれがあります。


☆ 不良習癖
 「口呼吸」や「歯ぎしり」など、くせになっている習慣が歯周病を悪化させる可能性があります。


☆ 口呼吸
 口で呼吸するくせがある場合、口の中が乾燥して歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。また、歯ぐきの抵抗力が弱まり炎症も起こりやすくなります。


☆ 歯ぎしり
 歯ぎしりをしているとき、歯には強い力がかかります。そのため、歯周組織に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。

はもちろん、「生活習慣」にも、次のようなリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。

☆ 喫煙
喫煙は血管を収縮させ、歯ぐきの血行を悪くさせます。そうすると、歯周病に対する抵抗力が低下し、症状が悪化してしまいます。


☆ 糖尿病
糖尿病になると細菌感染に対する抵抗力が低下し、歯周病が悪化しやすい状態になります。また、最近の研究で、徹底した歯周病治療が血糖値の改善に関連があることが分かってきました。
ストレス 精神的ストレスのせいで体の抵抗力が弱くなったり、生活習慣(ブラッシング、喫煙、食生活など)が変化したりすることで、歯周病が悪化しやすい状態になります。


☆ 食習慣
甘いもの、やわらかいものは歯につきやすく、これらを多く食べる習慣は、歯垢(プラーク)の増殖に拍車をかけます。また、食事が不規則であったり栄養が偏っていると、全身の健康にも悪影響を及ぼします。


歯周病には痛みはほとんど感じられません。
少しの歯茎の出血で歯医者さんに通う人は少ないとおもいます。
ですが、放置しとくとだんだんお口の中で進行し続けていきます。

歯石が溜まっている、歯茎から出血していると、感じた方はまずは歯のクリーニングをしましょう!
歯周病を防ぐために、現状より進行させないために、これらに気をつけ生活習慣を改善しましょう!


しまだ歯科こども歯科クリニック 受付・歯科助手:たなか
タグ:

テーマ:生活習慣病・健康・ダイエット・食育 - ジャンル:ヘルス・ダイエット