AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

正しい姿勢でよく咬むこと。
こんにちは、副院長です。

親御さんなら一度はご覧になったことがあるかもしれないテレビ番組、
「すくすく子育て」(NHK教育テレビ;毎週土曜21:00~)。
私もたまに見ては、ふむふむなるほど~と勉強になることばかり。

今日のテーマは「子供の歯~気になる歯並び~」でした。
講師の先生は小児歯科で有名な、倉治ななえ先生
倉治先生の書かれた本は、当院の本コーナーにも何冊か置いてあります。

きれいな歯並びを作るのに大事なのは、歯がきちんと並ぶことのできる顎を育てること。
それは当ブログでも院長が何回かお話ししてきました。
十分なサイズの顎を育てるには、「正しい姿勢」で「食事をよく咬む」ことが必須なのです。

正しい姿勢、、、
みなさんのお子さんは、お食事のときに足をブラブラさせてはいませんか?
実は、足をしっかりと床につけて咀嚼することで咬む力は15~20%も増えるのです。

DSC01160.jpgノルウェーのstokke社から出ている、TRIP TRAPという30年以上の歴史のある定番商品です。デザインや品質は文句のつけようがないのですが、唯一の欠点はお高めなこと…。ですが、

この椅子、当院で販売代理店をしたいくらいおススメ!

年齢とともに伸びる足に合わせて、座面と足をつける板の位置が調節できます。こうすることで、常にしっかりと踏ん張ることが出来、奥歯でものを咬み砕きすり潰すことが出来るのです。

そうしてよーく刺激を受けた顎は十分なサイズに広がっていくのです。



とは言え、柔らかいものばかりを食べているようでは効果もありません。
倉治先生がおすすめしていた食材をここにも挙げておきますね。
きんぴら、干しいも、高野豆腐、ドライフルーツ、昆布・・・どれも、よく咬まなければ飲み込めないものばかりです。
朝昼晩の3食の他におやつにもこういった食材を上手に取り入れること。
これできれいな歯並びが手に入るなら、明日からでも始めてみたいですよね♪




新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 副院長

タグ:よく咬む食材歯並びstokketriptrap

テーマ:北欧インテリア・雑貨 - ジャンル:ライフ