AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
10 | 2020/11 | 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ジューンベリー
こんにちは、副院長です。

しまだ歯科こども歯科クリニックの診療室には大きな窓が連なっていて、
患者さんが治療椅子に座りながら外の景色が眺められるようになっています。
そこには小さな庭があり、花や緑が心を和ませてくれています。(素敵な庭造りは、ご近所の芳樹園さんにお願いしました。)
窓を設けることは院長も私も譲れないことでした。
患者さんが診療室に入ったときの緊張を少しでも和らげるように、という思いともう一つは
一日の大半をこの場所で過ごす私たちスタッフの精神の安定を図るためでもあります。
それが雨でも雪でも、ときに静かにときに激しく変わりゆく景色を感じながら働けるというのは
とても贅沢なことだなあ、と日々実感しています。

とくにこの季節は万緑が息づき、様々な花の彩りが目を楽しませてくれます。
そんな中のひとつ、 「ジューンベリー」樹木の実が真っ赤に色づいてきました。
DVC00686.jpg

6月に実の収穫を迎えるのでこの名前がついたそうです。
植えて半年あまりにしてはなかなかの出来で、院長は昼休みに汗をかきかき収穫していました。
DVC00684.jpg


ジューンベリーの実は目に良いアントシアニンが含まれ、その栄養価たるやブルーベリーの6倍もあるんだとか。
ところが、この実、こんなに小さいのに中には種がいっぱいでして。
そのまま食べるにはちょっと・・・ 
ということで、ジャムにしてみました。

DVC00692.jpg

歯科医師としても女性としても「むむっ!」と躊躇するくらいの量の砂糖を入れて、
白ワインも少々加えてコトコト煮込んでいきます。
火を通すと種がさらに硬くなるので、勿体ないですがミキサーにかけた後には漉すことに。
お鍋の半分以上もあった実はたったの2瓶にしかなりませんでした・・・。

DVC00693.jpg
けれど実を漉したために口当たりもよくなり、さわやかな甘酸っぱさでヨーグルトに添えたらとても合いました

残りの実はまだまだ熟して紫色になるころに鳥さんたちがついばみにくるんだとか。
さすが、一番美味しい時期を知っているのですね。
秋の紅葉も見応えがあるようなので、四季を通じてみなさんの目を楽しませ和ませてくれそうです。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 副院長

タグ:新潟市中央区親松鳥屋野女池ジューンベリージャム

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用