AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

そうだ、昼寝をしよう。
こんにちは、院長です。

人間の睡眠周期は24時間ではなく、半日周期で1日2回の山があるそうです。
個人差はあるようですが、その山の一つが昼食後、午後1時から3時くらいの間。

この時間に軽く昼寝をすることで、午後の仕事効率をグッとアップできるとか。

最近ではその効果を認め、昼寝制度を導入している企業も少なくないようです。
ちなみに、どこの歯科医院でも衛生士さんは必ず昼寝をしているように思うのは、僕だけでしょうか。

眠気スッキリで脳をリフレッシュしてくれる昼寝ですが、適切に取らないと逆効果です。
そのポイントは以下の通り。


① 昼寝の時間は10~15分に
深い眠りに入ってしまう直前に起きるのがポイントです。
30分以上眠ると覚醒しにくくなり、体や頭がすっきりしない状態になってしまいます。
あまり遅い時間帯の昼寝は、夜の睡眠の妨げにもなりますのでご注意を。

② 食後のコーヒーのススメ
カフェインを摂ってから昼寝に入ると、覚醒作用でより目覚めがスッキリするそうです。
ランチ後のコーヒー、紅茶は非常に意味のあることだったのですね。
ん、カフェイン…? なら我が愛するコーラはどうだ?!

③ 目覚めに日の光を
よく言われますが、夜の睡眠も朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。
昼寝後も、太陽の光を浴びて昼モードにパッと切り替えます。


もちろん昼寝もいいのですが、基本は夜の睡眠も含めた毎日の体のリズムを作ることが大切です。
平日の夜更かし→休日の寝だめのような生活習慣は、体のリズムだけでなく日常生活の効率も下げてしまいます。
若いうちの無理は、あとでツケが回ってくるともいいますので注意が必要ですね。


ジョギング始めてから、健康志向だなぁ。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:昼寝睡眠仕事効率アップ

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する