AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

生涯にかかる医療費を節約する術
予防について語りだすと少し熱くなりすぎて、”そんなキレイ事ばかり、フッ。”なんてことも言われそうなので、
今日は別の観点からお話をしてみたいと思います。

愛さえあればお金なんて…、っていいつつも、生活するにはお金は絶対でしょ、っていうありがちな論争。
そのお金に関わる、歯科治療費のお話です。

歯科治療費って、安いですか?高いですか?
おそらく、一般的には高いと認識されている方が多いのではないのでしょうか?
特に被せものを入れたときなどは、”高いな、クソ。”と思われる方もいらっしゃるかと思います。
これにはちゃんと理由がありまして、むしろ利益などほとんどないのですが、その話はまた別の機会に。

今日のお話は、生涯にかかる医療費を節約する方法です。

それは



・・

・・・

定期的に歯科医院を受診し、予防に努めることです。

やっぱり予防か、なんて言わないでください。
これはデータとして、きちんと出たものなのです。

2011年3月28日の中日新聞(←クリック)によれば、

歯科医院を定期的に受診し予防に努めている人は、48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると
平均を下回る分布傾向となった。65歳になると平均が35万円に対し、歯科医院を定期に受診している人は20万円
以下とその差は広がっていく。

ということだそうです。

要約すると、若いうちに少し歯科予防に投資しておけば、後になって大きな出費をしなくて済むぞ、というお話です。

また、歯科治療費のみならず、一般医療費も少なくなったというデータは”おや?”と思われる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

口腔内細菌が全身の様々な病因の一つになっているということは、もはやグローバルスタンダードです。
歯科予防に対する意識がまだまだ浸透していない日本の歯科医療事情は、発展途上段階と言わざるを得ません。

歯科予防、定期健診、メインテナンスは将来への積立貯金とも言えるかもしれませんね。

浮いたお金で将来、何しましょう。僕は、ちょっといい釣り道具で、毎日釣りにでも…。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区予防歯科歯科治療費節約

テーマ:節約生活 - ジャンル:結婚・家庭生活