AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

学校歯科健診のあいまいさ
6月4日~10日までの一週間は、歯の衛生週間です。
幼稚園(保育園)から小学校・中学校・高校まで、この前後にどこでも学校歯科健診が行われていることと思います。

しかし、学校検診の意義というものが、あまり認知されていないことを感じています。

僕も数校の歯科検診にお邪魔してきましたが、まず100人以上の人数を短時間で、しかも大した照明もない中で
正確にこなすことは絶対に不可能です。
結果、疑わしきは罰せず、CO(初期むし歯)については完全に検診者の主観によるものであることが、ほとんどです。

すなわち、学校検診で見逃されたむし歯、歯肉炎、不正咬合などは潜在的にたくさんあると予想されます。

では、学校歯科健診とは何のために行われているのか?
それは、ある程度のお口の健康状態の把握と、歯科予防へのきっかけなのです。

歯のことを職業にしている僕らと、そうではない一般の方との間にはお口の健康に対する関心の温度差がかなりあります。
(それはまぁ、仕方のないことだとある程度は思っています。)
むし歯に至っては、ほぼ100%予防することができますが、そこまで一生懸命な保護者の方はごく少数です。
予防できることなのに、関心を持ってもらえない、それは僕らにとっては非常に歯がゆいことです。


学校歯科検診で問題なかった人、決してそれだけで安心しないでください。
年齢を重ねるにつれ、むし歯、歯肉炎の罹患率はどんどんあがります。

まずは、学校歯科検診をきっかけに、定期健診を受ける習慣を身につけてください

しまだ歯科こども歯科クリニックでは、小児期の歯科予防についてうっとうしいくらい真剣です。
お子さんには歯のことで苦労をかけたくないと願うお父さん・お母さん、是非当院をご活用ください。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区小児歯科学校歯科検診鳥屋野親松

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体