AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

lenovo IdeaPad S205にIntel Centrino Advanced-N 6200を換装した
こんにちは、院長です。

lenovo G560にIntel Centrino Advanced-N 6200を換装したの回は、スタッフに読む気も起きないと言われました。
でも、誰かの役に立っているのでは…。
ちなみに、当院のブログで一番アクセスが多いのは、KORG M1 液晶(LCD)の修理・交換です…。

今回はlenovo IdeaPad S205にIntel Centrino Advanced-N 6200を換装したです。
S205は10.1インチのネットブック的パソコンでありながら、割となんでもこなしちゃいます。
医院の資料やホームページを作るくらい(Office2007&Adobe CS5.5)なら、大したストレスも無く。


前回、G560にIntel Centrino Advanced-N 6200を乗せたときに、S205用にも一枚同じものを購入していました。
しかし、S205では純正品でも載せ換えただけでは動きませんでした。
ドライバーのインストール時にフリーズしたり、挙句Windowsすら立ち上がらなくなったり。

どうも、BIOSで引っかかっているようです。
ですので、BIOSを対策されたものに書き換えなければなりません。

対策されたMOD BIOSは海外サイトで見つけてきたもので、純正のものではないので何が起きるかは?です。
最悪、PC自体使えなくなる可能性もありますので、自己責任でお願いします。

SkyDriveに置いておきました。
100%_Len_IP_S205_4BCN24WW_NWL_ByCamiloml.exeがMOD BIOSです。
ダウンロード後、指示に従って実行するだけです。
現在のBIOSをバックアップしておくことをおススメします。


s205_1.jpgバッテリーを外し、黄色ののネジを外します。

外した穴から、ドライバーを突っ込むと、キーボードが外れます。
キーボードはフィルムケーブルでつながってますので、無理はしないように。



s205_2.jpg青いキーボードがつながっているフィルムケーブルは、黒い爪を上に起こすと外れます。

キーボードがとれたら、黄色のと赤色ののネジを外します。
赤色ののネジには“lenovo”と書かれたシールが貼ってあり、
剥がさないと外すことが出来ません。

剥がすと保証がなくなるのでしょうかね?



s205_3.jpgひっくり返して黄色ののネジを8か所外します。

これで裏の蓋は外せますので、ツメを折らないよう気をつけて蓋を外します。

(あとで写真を撮ったので、バッテリーが付いてますが
ちゃんと外さないとだめです…。)



s205_4.jpg青いが内臓の無線LAN子機です。

Intel Centrino Advanced-N 6200に交換するのですが、留めてあるネジにネジ止め剤が塗ってあり、僕のはかなり硬かったです。
ナメないように気をつけて。

逆の手順で、組み戻します。



その後の設定は、前回を参考にして下さい。

MOD BIOSに書き換えるだけなので、難しい作業ではないのですが、BIOSはパソコンの根底を制御している
プログラムですので、失敗すれば動かなくなりますのでご注意を。
しかも、出所も怪しいので…。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:lenovoS205IntelCentrinoAdvanced-N6200換装MODBIOS

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ