AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タバコ 女性の喫煙と美容
こんにちは、院長です。

前回は、ちょっと興奮しすぎました。少し、反省します。

今日は、女性の喫煙と美容との関係についてです。
いつもでも若く、瑞々しいお肌でいたいと願わない女性はいないでしょう。

キレイなお肌を保ちたいなら、今すぐタバコはやめましょう!


① ニコチンによる血管の収縮

タバコの主成分でもあるニコチンは、血管を収縮させるため、特に末梢血管では血行が悪くなります。
血行が悪くなると、新陳代謝免疫応答が悪くなり、皮膚温度も下がります。

新陳代謝の悪くなった肌は、しわ・たるみ・かさつきが目立つようになります。
いわば肌の老化を早めているといってよいでしょう。

アンチエイジングと言いながら、タバコを吸っていては、全く逆のことをしていることになりますね。


② ビタミンCを破壊する

ビタミンCがお肌に良いことは、皆さんご存じでしょう。

・ シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える → 美白
・ コラーゲンの生成を助ける             → プルプルお肌
・ 活性酸素による肌の酸化を抑える        → 老化の抑制

など、美肌・美白にビタミンCは必須なのです。

タバコ一本でビタミンCは25mg失われます
これはレモン一個分に相当します。
タバコを吸いながら、サプリメントでビタミンCを摂るなんて…。


③ 一酸化炭素の害

一酸化炭素は赤血球中のヘモグロビンに、酸素より優先的に結びつきます。
タバコを吸うことで、軽度の酸欠状態を引き起こすのです。

血液が赤々としているのは、酸素と結び付いたヘモグロビンがあるからです。
酸欠状態の血液は、比較するとやや黒味を帯びています。

すなわち、タバコを吸うことで血色が悪くなるのです。
タバコを吸う人の肌が浅黒く見えるのは、このためです。


以上のような理由から、いわゆるタバコ顔が作られるのです。
受動喫煙・副流煙によっても、少なからず同じ効果がありますので、注意です。

年齢を重ねてからドモホ○ンリ○ク○に頼るより、タバコを吸わない方がよっぽど美肌になれますよ。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:美容美白美肌アンチエイジング新潟市中央区審美歯科

テーマ:禁煙 - ジャンル:ヘルス・ダイエット