AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

学校検診
昨日は医院はお休みでしたが午前午後と、近隣の小学校、高校の学校検診に行ってまいりました。

虫歯の洪水と言われた時代を、僕は実際に見ているわけではないので具体的な比較はできませんが、
今の子供たちに虫歯が少ないのは事実であり、それは非常に素晴らしいことであります。

しかし僕の見解としては、幼稚園(保育園)→小学校→中学校→高校と年齢を重ねるにつれて、
お口の中の状態が悪くなっているような気がしてなりません。

これは、単純に子供たちのお口の状態が親の目を離れていくにつれ、なおざりになっていることが原因では
ないかと思うのです。日々の診療と重ねても、青年期の歯科受診率は他の世代に比べて少ないように感じます。

胎児期から青年期までの、いわゆる小児歯科の範囲は、その後の口腔健康にとって最も重要な時期です。
まだまだ、日本には歯科予防という概念が根付いてるとは、到底言えません。

虫歯や歯周病など、歯科疾病の多くは生活習慣の改善によって防ぐことが出来るものです。
歯科予防の第一歩は、子供たちを取り巻く大人たちの意識を改善することです。



しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区小児歯科学校歯科検診フッ素親松

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体