AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
09 | 2020/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

久しぶりの歯科保健指導!

先日新潟市立鳥屋野小学校に歯科保健指導に行ってきました!
(院長のブログ参照)
 
診療の合間に手作り感たっぷりの歯ブラシなども作りました(^。^;)
案の定子供たちからは、ちらほら色んなコメントを頂きましたが…(笑)
 
衛生士学校ぶりの保健指導!

小学生相手とはいえ緊張しました(>_<)
 
 
院長がスライドでむし歯歯周病について話したのですが、みんな知っていてビックリしました!
院長のブログにもありましたが、とても熱心な保健の先生に出会えた子供たちは幸せです!!
 
むし歯歯周病の知識が少しでもあるだけで、大人になってからのお口の中に違いは出てくるはずです!
友達にタバコを吸ってないから歯石はつかないよね?と聞かれた時、少し考えさせられました…。
 
もちろん喫煙していなくても歯石はつきます!
 
どうすればに対する意識が変わるのか…
正しい知識を覚えてもらえるのか…
 

来院してくださる患者さんには歯周病の怖さについてお話させていただいてます。
しかし、定期検診に来てくださるかたはほんのわずかです。
 
痛み歯周病が進行してからでは遅いのです…
 
 
定期的にクリーニングすることで予防できることはたくさんあります!
 
痛くなくても行っていいの?
と思う方もいらっしゃるかと思いますが気軽にお電話下さい♪
 
 
 少しでもみなさんの歯の健康に役にたてれば幸いです…!
 
新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士: おおぬま



タグ:新潟市中央区親松鳥屋野学校歯科検診予防歯科

テーマ:歯の事 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お家でできるフッ素ケア②
今日はフッ素洗口についてご紹介いたします
 
 
 
虫歯予防フッ素洗口液
【Check-Up フッ化ナトリウム洗口液0.1%】
 
 
 
 
・6歳以上のお子さんは希釈せずにそのまま使用(450ppmf)
・6歳未満のお子さんは2倍希釈で使用(225ppmf)
 
 
使用方法
就寝前の歯磨き後に洗口液(指定された洗口量)を一度で口に含みます。
※この時、一度に含みきれなかった分量は捨てて下さい。
②飲み込まないように下向き加減で30秒間ブクブクします。
③終わったら十分に吐き出します。水ですすがず、1~2回唾液を吐き出して下さい。
 
 
 
一日一回、使用します。
寝ている間は一番菌が繁殖する時間帯なので、就寝前の歯磨き後が効果的です◎
 
 
ブクブクうがいのできる3~4歳から使用が可能です。
4歳からの開始では40~80%の予防効果があります。ですが、6歳からの開始では30%前後と激減してしまいます。
なので是非4歳からのご使用をお薦めします
早い段階で予防を身に付けさせてあげましょう。
 
 
永久歯に対しても約40%の予防効果があるので、虫歯の多い成人の方から、高齢者の方にもお薦めです◎
 
 
マイルドな口当たりなので、嫌がらず皆さんに使用して頂けると思います
 
疑問があればいつでもスタッフへどうぞ
 
 
 
※費用面などでもお手軽に使用していただけるフッ素洗口を近々導入いたしますので、後程皆さんにご紹介いたします。
 
 
 
しまだ歯科こども歯科クリニック  歯科衛生士:ばんば
 

タグ:フッ素むし歯予防予防歯科鳥屋野親松学校歯科検診

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

学校歯科健診のあいまいさ
6月4日~10日までの一週間は、歯の衛生週間です。
幼稚園(保育園)から小学校・中学校・高校まで、この前後にどこでも学校歯科健診が行われていることと思います。

しかし、学校検診の意義というものが、あまり認知されていないことを感じています。

僕も数校の歯科検診にお邪魔してきましたが、まず100人以上の人数を短時間で、しかも大した照明もない中で
正確にこなすことは絶対に不可能です。
結果、疑わしきは罰せず、CO(初期むし歯)については完全に検診者の主観によるものであることが、ほとんどです。

すなわち、学校検診で見逃されたむし歯、歯肉炎、不正咬合などは潜在的にたくさんあると予想されます。

では、学校歯科健診とは何のために行われているのか?
それは、ある程度のお口の健康状態の把握と、歯科予防へのきっかけなのです。

歯のことを職業にしている僕らと、そうではない一般の方との間にはお口の健康に対する関心の温度差がかなりあります。
(それはまぁ、仕方のないことだとある程度は思っています。)
むし歯に至っては、ほぼ100%予防することができますが、そこまで一生懸命な保護者の方はごく少数です。
予防できることなのに、関心を持ってもらえない、それは僕らにとっては非常に歯がゆいことです。


学校歯科検診で問題なかった人、決してそれだけで安心しないでください。
年齢を重ねるにつれ、むし歯、歯肉炎の罹患率はどんどんあがります。

まずは、学校歯科検診をきっかけに、定期健診を受ける習慣を身につけてください

しまだ歯科こども歯科クリニックでは、小児期の歯科予防についてうっとうしいくらい真剣です。
お子さんには歯のことで苦労をかけたくないと願うお父さん・お母さん、是非当院をご活用ください。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区小児歯科学校歯科検診鳥屋野親松

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

続・学校検診
前回、子供の歯科予防は取り巻く大人たちの意識の改善が、大切であることをお話ししました。
今回はもう一つ、学校検診で気になったことをお話ししたいと思います。

それは、今の子供たちには叢生や乱杭歯と呼ばれる、前歯のガタガタ並びが非常に多いことです。

この原因ははっきりしており、現代の食生活と大いに関係しています。

戦後、食生活・食文化が大きく変わったことにより、平均身長にして男女とも10cm以上高くなっているのは、
ご存じの方も多いのではないでしょうか。
骨格の変化というものは、生活習慣などにより数十年で劇的に変化を起こしうるものなのです。

それに比較して、歯の大きさは遺伝子レベルである程度きまっており、これに変化が起きるのに必要な年月は
100年とも200年とも言われています。

つまり、やわらかい食品が好まれる食生活によって急激に顎の大きさが小さくなったにもかかわらず、
歯の大きさはほとんど変わらないために、重なって萌えざるを得ないのです。


しまだ歯科こども歯科クリニックでは、こうした叢生に対応する早期矯正(床矯正)を取り入れています。
原因がはっきりしていれば、その解決方法は自然に導き出されます。

もし、お子さんの歯並びが気になったら今、ご相談下さい。早いうちであれば、楽に解決できるかもしれません。
おかしいと思った時が、手のつけ時です。


しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区小児歯科学校歯科検診親松

テーマ:歯科矯正 - ジャンル:心と身体

学校検診
昨日は医院はお休みでしたが午前午後と、近隣の小学校、高校の学校検診に行ってまいりました。

虫歯の洪水と言われた時代を、僕は実際に見ているわけではないので具体的な比較はできませんが、
今の子供たちに虫歯が少ないのは事実であり、それは非常に素晴らしいことであります。

しかし僕の見解としては、幼稚園(保育園)→小学校→中学校→高校と年齢を重ねるにつれて、
お口の中の状態が悪くなっているような気がしてなりません。

これは、単純に子供たちのお口の状態が親の目を離れていくにつれ、なおざりになっていることが原因では
ないかと思うのです。日々の診療と重ねても、青年期の歯科受診率は他の世代に比べて少ないように感じます。

胎児期から青年期までの、いわゆる小児歯科の範囲は、その後の口腔健康にとって最も重要な時期です。
まだまだ、日本には歯科予防という概念が根付いてるとは、到底言えません。

虫歯や歯周病など、歯科疾病の多くは生活習慣の改善によって防ぐことが出来るものです。
歯科予防の第一歩は、子供たちを取り巻く大人たちの意識を改善することです。



しまだ歯科こども歯科クリニック 院長:しまだ
タグ:新潟市中央区小児歯科学校歯科検診フッ素親松

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体