AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

床矯正・小児矯正 反対咬合の場合
ご無沙汰しておりました、院長です。

新潟シティマラソン、初参加してきました!10kmですけど…。
あまりノリノリでの参加ではなかったのですが、結果、超~楽しかったです。
この盛り上がりのままだったら、来年は?!


さて、今日は当院で行っている床矯正・小児矯正のお話です。
ホームページでも紹介したいと思いつつ、手が回らずそのままになっておりまして…。

お子さんの歯並びのご相談を受ける時、「いつぐらいから始めたらいいですか?」とよく聞かれます。
もし、お父さんお母さんが気になったら、その時が開始時期と考えていいでしょう。

矯正治療もむし歯治療や歯周病治療と同様、問題が大きくならないうちに始めた方が良い場合が多いです。
ただ、歯並びは遺伝的要因を含む場合もありますので、一概には言えないところもありますが、
まずは早めに相談することが望ましいです。要は矯正治療の開始時期を逃さないことです。


これは遺伝的要因のない、反対咬合の症例です。

110829.jpg120810.jpg

左が治療開始前、右が一区切りついたところです。期間はちょうど1年です。
気になる費用ですが、矯正治療は健康保険が効きません。この症例の場合は完了までで約10万円です。

遺伝的要因とは、ご両親、あるいはご親戚などに同じような歯並びの方がいるかどうかということです。
この症例の場合は遺伝的要因がなく、一時的なエラーによって起きたものでしたので、早めの治療開始で
スムーズに改善することが出来ました。
放置した場合は歯並びだけでなく、お顔の歪み(下顎が出るような)を生じることも予想されます。


当院で行っている床矯正・小児矯正は、とにかく早い年齢の方が対応しやすい治療法です。
お子さんの歯並びが気になったら、是非その時にご相談下さい。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:床矯正小児矯正子供歯並び反対咬合費用

テーマ:歯列矯正 - ジャンル:ヘルス・ダイエット