AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

唾液のパワー!!

こんにちは、スタッフの番馬です。
 
前回、穴の空いていない脱灰状態の初期虫歯は治すことができるとお話しました。
 
では、どうやって治るのか!?
 
脱灰した状態を元に戻そうという働きを再石灰化といいます。
 

その再石灰化に重要なのが唾液なのです!
 
脱灰してしまうとエナメル質の表面が壊れ、更に進んでいくと歯がスカスカになり穴があいてしまいます。
 
唾液中のカルシウムイオンとリン酸イオンが、脱灰して小さくなった結晶を見つけ、そこにまた結晶をくっつける役割を果たします。
 

結晶がどんどん大きくなることによって、スカスカの歯が元の密度の詰まった硬い歯に戻るのです!!
 
(初期虫歯に限りますが)唾液の力なくしては元に戻ることができません。
 
唾液は虫歯を予防するだけでなく、初期虫歯の進行を止める・治す力があるのです!
 
唾液のもつミラクルな力をもっともっと活用しましょう(^o^)/
 

 
新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科 
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば


タグ:初期虫歯脱灰再石灰化エナメル質

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

Co=要観察歯

こんにちは、スタッフの番馬です。
 
4月から6月にかけて学校歯科検診があったため、この夏休みを利用して多くの患者さんが来てくれています。
 
そこで、最近思ったこと。
 
小学校高学年以上の子供たちに白濁した状態のCo(要観察歯)がとくに多く見受けられます。
 

Coとは初期虫歯のことで、まだ穴の空いていない虫歯を意味します。
 
脱灰(虫歯菌の出すに触れることで、歯のカルシウムイオンやリン酸イオンが唾液中に溶け出すこと)
と言い、半透明なエナメル質の表層下が溶け出して軟化することにより白濁して見えるのです。
 

歯に穴が空いていないので、元通りのキレイな歯に戻せる可能性があります。
 
ただ、唾液に触れていると歯に光沢感が出るため自分ではなかなか発見しにくく、学校の歯科検診でも唾液を飛ばすエアーがないので見逃すことが多いです。
 
元通りに戻せる歯なのに気づかずに放置しているのは、ものすごくもったいないですよね。
 
では、どうやったら元通りに戻せるのか!?
次回お話したいと思います(^^)/
 
 

新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池、近江地 区の歯科・小児歯科 
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば


タグ:CO要観察歯初期虫歯脱灰学校検診

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット