AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

歯周病菌と早産・低体重児出産の関係
こんにちは、院長です。
ブログ当番、少しお休みしておりました。ここしばらくバタバタとしておりました。

今日は妊婦さんの歯周病と早産リスクについてお話ししたいと思います。

妊娠期のお母さんの口腔内は、女性ホルモン(プロゲステロンやエストロゲン)によって大きく変わります。
ごく少量のプラークや歯石でも通常時に比べて過剰に反応し、歯ぐきの出血や腫れを引き起こしやすくなります
直接的な原因は、歯の表面にあるバイオフィルムと呼ばれる細菌の膜です。

歯ぐきに炎症が起きると、免疫を担当する細胞から血中にサイトカインという情報伝達物質が出されます。
ところが、妊婦さんの体内で血中サイトカイン濃度が上昇すると出産開始のゴーサイン』として判断されます。
結果、37週以前に子宮筋が収縮を開始し、早産につながると考えられています。

歯周病の妊婦の早産や低体重児出産のリスクは7倍にも及ぶとされています。
しかし、普段からお口の中を清潔に保つ・歯医者さんでメインテナンスをすることで、予防することができるのです。

一番肝心でありながら、ほとんど認知されていないのが、“むし歯・歯周病は細菌感染から起きている”ということ。
歯科予防は、この細菌とどう向き合うかが重要なのです。


小難しい話をしてきましたが、リスクが云々とかそんなものは研究結果の一つで、どう捉えて頂いても結構。
一番考えて欲しいのは、実際に早産になった時、
お母さんがどう思うかです。


お母さんは自分に非がなくても、自分を責めてしまうでしょう。何か自分に落ち度はなかったのかと…。
そして、産まれてくる子がただ無事に出てきてくれればと心から願うでしょう。

避けられるリスクなら、出来る限り減らしておきたいものですよね?


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:妊娠早産低体重児歯周病歯科親松鳥屋野女池近江

テーマ:病気・入院 - ジャンル:育児