AX
しまだ歯科こども歯科クリニックのブログ
新潟市中央区大島の 【歯科・小児歯科】 です。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

むし歯は遺伝?感染?
こんにちは、スタッフの大沼です。

最近花粉症に悩まされております…トホホ。
みなさんは大丈夫でしょうか?( ; _ ; )/~~~



さて、遺伝で歯が弱く虫歯になりやすいとたまに耳にしませんか?

虫歯は遺伝する?

答えはNO!

そもそも虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌が酸を産生し、歯を溶かすことによりなります。

生まれたての赤ちゃんはミュータンス菌を持っていません!

つまり赤ちゃんの時に周りの大人からミュータンス菌などの虫歯菌が感染することにより虫歯になるのです。

ほとんどがだ液により感染します。
大人が噛み砕いた食べ物を口移しする時に一緒に虫歯菌も移動します。

赤ちゃんの時にスキンシップをやめる必要は全くありません!
周りの大人のミュータンス菌を減らすことが大切です。

ミュータンス菌は主にプラーク(歯垢)の中に存在します。
プラークはもちろんハブラシで除去できます!


歯磨きに勝るものはなし!


新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:おおぬま

タグ:むし歯遺伝感染ミュータンス菌

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

妊娠中からできること
こんにちは、スタッフの大沼です。


みなさん赤ちゃんの歯の芽はいつ頃からできはじめているかご存知ですか?

なんと妊娠6週目からできはじめているのです。

お腹の中の赤ちゃんはお母さんの栄養をもらって歯を作っています。

良い歯の赤ちゃんを育てるためにいくつか心がけましょう!

*虫歯予防
虫歯がある方は安定期のうちに治療をしましょう。

*カルシウムを十分とる
もちろんとりすぎもよくありません。

*バランスよく食事をとる
これは基本の「き」ですね(*^^*)

*ストレスをためない
お腹にいる赤ちゃんとお母さんは一心同体です。
赤ちゃんにもストレスは伝わります。

*ミュータンス菌を減らす
ミュータンス菌とは簡単に言うと虫歯菌です。
毎日のブラッシングや、定期的なクリーニングを!



もちろん一生懸命になりすぎてこれがストレスになりませんように…


新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:おおぬま

タグ:赤ちゃん妊娠ミュータンス菌

テーマ:虫歯・むしバイキンがやってきた!! - ジャンル:育児

お友達ママさん③
こんにちは、スタッフ番馬です。
 
先週と同じお友達ママさんのお話をします。
 
子供が一度虫歯になってからといものの、歯にすごい感心を持ち、プライベート時の話題も『子供の歯』になることが多くなりました(^^;
 
 
幼稚園のお迎えに行くと周りの子供の歯ばかり見るようになったとか…
もはや、私達でいう職業病みたいですよね(笑)
 
この前お話していたのが、
 
「他のママさんに聞いてもほとんどフッ素をしてないのに虫歯にならないんだよー。どうしてうちの子は虫歯になるんだろう。」
 
と言っていました。。。
 
4歳以上のお子さんは虫歯菌(ミュータンス菌)の数が決まるので、その子の虫歯のリスクも関わってきますが、
 
「見えない(見ていない)だけで虫歯になっているのかもよ」と私は言いました。
 
このママさんは本当に良く歯を見ながら仕上げ磨きをしているので、見えにくい奥歯にあるほんの少しの着色でも気付いて心配するほどです。
 
では、皆さんはいかがですか?
 
続きはまた次回お話ししたいと思います。
 
 
新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば

タグ:フッ素ミュータンス菌むし歯リスク新潟市大島親松鳥屋野女池小児歯科

テーマ:病気 - ジャンル:育児

小児歯科⑤ 0~4歳未満で気をつけること
こんにちは、院長です。

ぺヤング激辛やきそばを買ってみました。
辛い・痛いだけで、旨味がちっともないのです。
残念ながら駄作と言わざるを得ません。ぺヤングファンだけに、残念で仕方がない。

さて、今日から小児期の歯科対策について、年齢を絞ってお話しをしていきたいと思います。

◆ 0歳から4歳未満、(乳歯の萌出から完了期)の注意

むし歯になる原因は何ですか?歯を磨かないから?甘いものを食べるから?
当たらずとも遠からず。しかし、それだけでむし歯になるわけではありません。
むし歯になる原因は、そこにむし歯菌(ミュータンス菌)がいるからです。
それを踏まえてお話しをしていきましょう。

① お母さんからお子さんへのむし歯菌の感染を防ぐ

産まれてきたばかりの赤ちゃんにむし歯菌はいません。
しかし、歯が萌えている状態でむし歯菌が全く0の人はいません。
では、むし歯菌はどこから来たのか?

それは、赤ちゃんを取り巻く大人たち、主にお母さんからだ液を介して感染を起こしているのです。


1歳半から2歳半、複雑な形をした奥歯が萌えてくる時期は、その後のむし歯菌量を大きく決定する時期です。
スプーンや食器の共有、食べ物の口移し、直接だ液を介するような行為は、できるだけ避けるのが望ましいです。
一度なわばりを作った細菌の勢力図を変えることは難しいので、この時期に極力むし歯菌感染を起こさせないことが
重要です。もちろん、過度にスキンシップを避けろというわけではなく、ポイントを押さえて、ということです。

そして、何よりお母さん自身のお口の状態をきれいにしておくことが重要です。
治療済みの歯が多い、しばらくクリーニングしていないお母さんは要注意です。


② むし歯菌を育てない

といっても、むし歯菌の感染を0にすることは出来ません。
ですので、お口の中でむし歯菌を、育てないようにしなければなりません。
下の図は、むし歯を育てる要因を表しています。

caries_condition.jpg
糖分 : むし歯菌の大好物である砂糖の摂取をなるべく少なくしましょう。
アメやチョコ、僕は別にこの時期にあげなくても可哀そうだとは思いません。

時間 : むし歯菌が増える時間を与えないことです。歯ブラシをするまでの時間、お口に食べ物が入っている時間、なるべく短い方が良いでしょう。

歯の性質 : むし歯菌に強い歯を作りましょう。フッ素は一番よく知られた予防方法です。歯が萌え始めたら、フッ素塗布を開始しましょう。


③ 母乳は1歳半でやめる

賛否両論あると思います。ここは、歯科医かつ男という立場でお話しをさせて下さい。
一歳半を超えての授乳、特に寝かしつけ時の授乳は、やはりかなりのリスクだと思います。
2歳前後で、上の前歯に多発したむし歯は、母乳以外に理由が見当たらないからです。

副院長の記事  によれば、授乳と睡眠は結びつけるべきではないそうです。
2歳前後でむし歯になった場合、僕らも治療することはほぼ不可能です。


0歳から4歳未満でむし歯になってしまったお子さんは、むし歯危険度MAXです。

正直、お母さんだけの知識や管理だけで、その後のむし歯予防をすることは、相当難しいと思います。
歯科医師・歯科衛生士の管理指導の元で、お母さんが一生懸命にならなければ、直ぐにむし歯は再発します。
乳歯の虫歯の進行はものすごく速いですから、3ヶ月に1度の定期健診は欠かさずにして下さい。


新潟市中央区大島 親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 院長

タグ:授乳むし歯ミュータンス菌感染新潟市大島親松鳥屋野小児歯科

テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児

バレンタイン
こんにちは、スタッフ番馬です。
 
2/14
 
今日はバレンタインですね☆
 
ということで、本日いらして頂いた患者さんに、当医からほんのお気持ちですが、チョコを差し上げました(*^^*)
 
 
その名も、『歯医者さんが作ったチョコレート』
 
キシリトールで作られているので、虫歯にならないチョコレートです!
キシリトールガムと同様、ミュータンス菌(虫歯菌)を減らしてくれます!!
 
こんなチョコレートが市販でも売られていたら良いですよね(^ω^;;
 
お子さんは大変喜んでくれ、男性の方も照れながら受け取って頂けました♪
 
 
皆さんも素敵なお相手からチョコを貰ったでしょうか?(*^^*)
 

新潟市中央区大島、親松、鳥屋野、女池、近江地区の歯科・小児歯科
しまだ歯科こども歯科クリニック 歯科衛生士:ばんば

タグ:バレンタインキシリトールチョコレートミュータンス菌

テーマ:バレンタイン - ジャンル:恋愛